アミノ酸の効果について

アミノ酸の効果についてプラセンタが美容や健康に効果的な理由の1つにアミノ酸があります。私たちの身体の中には20種類のアミノ酸が存在し、それらが複雑に組み合わさることでタンパク質を構成しています。タンパク質は内臓や血管、骨や筋肉、皮膚や髪の毛など様々な組織に存在しており、美容や健康に影響を与えます。たとえばアルギニンやリジンは脂肪の燃焼を促すのでダイエットに効果的ですし、オルニチンやシステインは肌や髪の毛の健康には欠かすことのできない成分です。グルタミンは免疫力を高めて病気にかかりにくくしてくれますし、トリプトファンはリラックス効果に優れストレスによる不眠症などを改善してくれます。これら20種類のアミノ酸は私たちの身体の中で合成することが可能な「非必須アミノ酸」と、体内で合成できないので食事やサプリメントなどで身体の外から摂取しなければならない「必須アミノ酸」の2つの種類があります。プラセンタには必須アミノ酸も豊富に含まれているため、サプリメントによって手軽に摂取できるのが魅力です。

馬プラセンタと豚プラセンタのアミノ酸量の違い

プラセンタサプリを服用することで美容や健康に良いアミノ酸を効率的に摂取することができるわけですが、商品によってアミノ酸の配合量は異なるので、できるだけ配合量の多いサプリメントを選ぶことが大切です。現在国内でサプリメントとして販売されているプラセンタには原料として馬の胎盤から抽出されたプラセンタと、豚の胎盤から抽出されたプラセンタの2つがあります。どちらも非常に豊富にアミノ酸を含んでいますが、より配合量が多く美容や健康効果に優れるのが馬のプラセンタです。最近の研究結果では、豚プラセンタに比べて1.5倍から2倍のアミノ酸量があるということが分かっています。なぜ馬のほうがアミノ酸の量が多いのか、その理由の一つは身体の大きさです。国内で生産される馬プラセンタはサラブレッドの胎盤が使われますが、サラブレッドの体重は400キロから大きなものでは500キロを超える個体もあります。これだけ体が大きければ当然ながら胎盤の大きさも豚とは比べ物にならないくらい大きく、そこに含まれるアミノ酸量も多くなります。もう1つの理由は馬の妊娠期間の長さです。馬の妊娠期間はおよそ1年と哺乳類の中では非常に長いのが特徴です。この長い妊娠期間中に胎児は生まれてすぐに自分で立ち上がることができるくらいにまで成長します。つまり、そこまで成長できるだけのアミノ酸が含まれているということになります。

馬プラセンタだけに存在する必須アミノ酸

馬プラセンタだけに存在する必須アミノ酸馬プラセンタが優れている理由として、豚プラセンタには含まれていない6種類の必須アミノ酸が含まれているという点も重要なポイントです。前述の通りアミノ酸はそれぞれに独自の働きをしているので、数多くのアミノ酸を摂取できるのは大きなメリットです。馬のみに含まれる6種のアミノ酸は次のとおりです。「イソロイシン」「ロイシン」はともに分岐鎖アミノ酸(BCAA)の一種でタンパク質を効率的に増やして筋肉をつくる働きがあります。疲労回復や肝機能の向上、髪の毛や肌を健康に保つ効果などが期待できます。「リジン」はダイエットに効果のあるカルニチンを合成するために使われるアミノ酸です。また、カルシウムの吸収を促す働きもあるので骨粗しょう症の予防効果も期待できます。「メチオニン」はリジン同様にカルニチンの原料として使われるのでダイエットに効果的です。また、ヒスタミンを抑える働きがあるので花粉症の改善にも効果的です。「フェニルアラニン」はノルアドレナリンやドーパミンなどの興奮性の神経伝達物質の原料となり、気分の落ち込みやうつ病の改善に効果があります。「スレオニン」はコラーゲンの合成に使われ肌のハリを保つ効果があります。

安心して飲める馬プラセンタ

これまで説明してきたように馬のプラセンタを原料としたサプリメントには豚のプラセンタを使用したサプリメントに比べてアミノ酸量が豊富であることに加えて、豚プラセンタには存在していない6種類の必須アミノ酸が含まれています。これによって美容や健康において、より効果が期待できます。さらに馬のプラセンタが優れている点として安全性の高さがあります。プラセンタサプリの効果を実感するためには最低でも3ヶ月、できれば1年以上服用を続けることが必要なので、安全性の高さはとても重要なファクターと言えます。高級なプラセンタサプリは国内で生産されたサラブレッドの胎盤からつくられますが、国産サラブレッドはすべての個体が血統管理されているので出自が明確ですし、衛生的な厩舎で生育されています。また、サラブレッドは体温が高いので病気の原因となる菌が繁殖しにくく、予防接種の影響もありません。最近はSPF豚という安全に配慮して生育された豚を使ったプラセンタも登場していますが、一般的には馬プラセンタのほうが安全性は高くなっています。

馬プラセンタをオススメする理由

馬プラセンタをオススメする理由これまで見てきたように、アミノ酸の含有量という観点からプラセンタサプリを比較すると、豚の胎盤から抽出されたプラセンタよりも馬の胎盤から抽出されたプラセンタのほうが優れているということになります。その理由は次のようなものです。ひとつは、馬は豚に比べて胎盤が大きくて妊娠期間が長いので胎児の成長に必要な栄養が多く、それだけ胎盤の中に含まれるアミノ酸量が多くなっていること。そして馬の胎盤から抽出されるプラセンタには豚には、存在しない6種類の必須アミノ酸があります。ですから豚プラセンタよりも大きな美容効果健康効果が期待できることです。最後に、馬プラセンタはサラブレッドの胎盤から抽出されるので栄養面だけでなく安全面でも評価が高くなっていることです。美容や健康のことを考えると品質の良いプラセンタを摂取することが何よりも大切です。豚プラセンタのほうが値段的にはリーズナブルですが、品質面を考慮すればやはり馬のプラセンタという選択になるでしょう。