アトピーについて

アトピーについて

アトピーはアレルギーの一種です。体質が遺伝することがあります。アトピーの人は肌の保湿力が低く、セラミドが不足していることが多いようです。皮膚の抵抗力の落ちている場所にハウスダストなどのアレルゲンが侵入することによって、激しいかゆみを引き起こします。

アトピー治療に皮膚科でプラセンタを使用!

アトピーに悩んでいる方は長年通院していることが多く、さまざまな治療法を試していますが、そのような人もプラセンタ注射を打つことでアトピーの症状が良くなっているようです。医療行為としてアトピー治療に使っているクリニックもあるくらいなので、その効果は立証済みなのです。

アトピーを治すのに必要なこと

アトピーも症状に個人差があり、軽い人から重い人までさまざまです。夜も眠れない人もいますし、それが年中続いている人もいるでしょう。多くの人がアトピーを治そうとさまざまなことを行っているようです。それでも、なかなか治らないという人が多いようです。

アトピーを治すのに必要なことがいくつかあります!
肌に良い成分を摂取すること、肌の生まれ変わりを正常化させること、肌のバリア機能を高めること、免疫力を向上させること、ストレスをためないこと、自律神経のバランスを保つこと。多くの人はそんなことは知っていると言うでしょう。これらのことを一挙に解決してくれるものがあるのだとしたら?試してみたいと思いませんか?

アトピーにプラセンタがどうして効くのか?

プラセンタがどうしてアトピーに効くのか、成分別に見て行きましょう。

成長因子

肌の修復や再生に効果の高いプラセンタ特有の成分です。普段はシミやしわ、たるみの改善などの効果があることばかりが注目されていますが、アトピーの肌の修復にも効果があります。

アミノ酸

プラセンタはアミノ酸が豊富に含まれていることで有名ですが、アミノ酸は肌を作るもととなります。血液中のアミノ酸濃度が低くなると、肌荒れを起こしやすくなります。肌の角質層内にある天然保湿因子の主原料もアミノ酸です。アミノ酸は健康な肌を作るには欠かせないものです。

ビタミン・ミネラル

ビタミンやミネラルも肌を作るためには必要な成分です。ただし、これらの成分だけを摂取しているだけでは効果がなく、これらの成分にアミノ酸をプラスしてこそ、肌を作る効果が高まるのです。

酵素

腸内環境を良くすることで免疫力を向上させ、アトピーの改善につなげます。
まとめて言えることは、プラセンタの効果そのものが肌のかゆみや乾燥を防ぎ、適度な油分を分泌し、肌トラブルの修復をする作用がある。このことだけでも肌の改善が期待できるのですが、同時にアトピーの悪化の要因になるストレスを緩和し、疲労を回復する、腸内環境を良くするなどの効果もあることから、近年注目されているわけなのです。これまでステロイドを使っていて、肌が薄くなったという人の肌修復効果もあるようです。

プラセンタに含まれるあらゆる成分があらゆる方向からアトピーの改善を促します。

どのくらいの期間飲めばよいのか?

どのくらいの期間飲めばよいのか?

プラセンタサプリやドリンクアトピーの症状の改善のためにはじめるという場合、続ける期間は半年以上となっています。これは、肌のターンオーバーなどを考慮しても、最低でもこのくらいの期間は必要だということです。

アトピーの状態によっても変わって来ますから、症状が重い場合にはもっと長い期間かかることも想定しておいてください。

アトピーの色素沈着について

アトピーのかゆみや症状を気にしている人がいる一方で、症状はそこまでないけれど、アトピーの掻きむしった後の色素沈着を気にしているという人もいます。

このような色素沈着についてもプラセンタで改善可能です。こちらもある程度の期間が必要ですが、効果があります。一般的な色素沈着に効果のある化粧品などでケアしている人もいますが、アトピーの色素沈着は皮膚の奥深くまで進んでいる状態なので、一般の化粧品では効果を得るのは難しいようです。

まとめ

アトピーは本当につらい皮膚病として知られていますが、長い期間治療をしても治らない人が多いのも事実です。プラセンタは医療用としてもアトピー治療に使われていることもあり、サプリメントやドリンクでも効果が期待できます。アトピーは体質改善をして、肌の修復をしなければならないので、長期間かかります。アトピーの効果以外にもあらゆる効果があるので、一度トライしてみてはいかがでしょうか。