日本人の死因の一位

日本人の死因の一位

医療の進歩により、がんは今や治る病気になりました。
早期発見、早期治療により、治る割合は昔に比べて飛躍的に上がりましたが、完治するようになった今でも、できることならなりたくない怖い病気であることは違いありません。
男女ともに日本人の死因の第一位はがんであり、今後も医療においては、いかに罹患した場合の生存率を上げるかという闘いが続いていくでしょう。
最近になって、治療の三本柱とされる手術、抗がん剤、放射線治療に加え、第四の治療方法として、免疫細胞を使った治療が試みられています。
免疫細胞は特定の細胞を攻撃してくれる働きがあるため、変異した細胞、つまりがん細胞を叩いてくれるのです。
この第四の治療方法がさらに進化すれば、いつの日か、がんは完治しない病気であるというこれまでの常識は、根底から覆されることになるでしょう。
その日が来るのが、今から一日千秋の思いです。

今すぐにできるがん対策

今すぐにできるがん対策

驚くべきことに、人の体には毎日がん細胞が生まれています。
いわゆる正常に働く細胞ではなく、変異したものが発生しているのです。
これが、人によってはがん細胞へと変化し、かなりのスピードで増殖し始めます。
初期の頃は自覚症状もないので、気づくには日ごろから健康診断を受けたり、人間ドックに入ったりするなど、早期発見に努めるのがもっとも効果的です。
考えてみれば、人の体の中には毎日変異した細胞が生まれるのに、発症する人としない人がいるのはどうしてなのでしょうか。
それこそが、先ほど述べた免疫細胞の働きのおかげです。
ナチュラルキラー細胞と呼ばれる細胞は、とりわけその働きが目覚ましく、おかしな細胞と見て取るや、猛攻撃を仕掛けて退治してくれる、何とも頼もしい細胞なのです。
そうなれば、彼らの働きをもっと活発にすることで、がん抑止の効果をもたらすことができるのではないかという期待が持てるようになってきます。
そのカギを握るのが、哺乳動物が妊娠、出産をするのに作られる特別な臓器である胎盤です。
この胎盤はプラセンタとして、注射やサプリメント、ドリンクなどで摂取できるようになっています。

なぜプラセンタなのか

まだまだ研究の途中ですが、なぜプラセンタが抑止に良いのかという理由はいくつかあります。
女性の場合、乳がんや子宮がんの罹患率が高くなってきていますが、これは体内での女性ホルモンのバランスが乱れることにより、細胞が変異してしまうと考えられます。
プラセンタは、体内でホルモンバランスを整える内分泌作用を持っており、特に女性ホルモンに左右されて発症しやすい女性には、まさに抑止力としてうってつけと言えます。
女性だけでなく、例えば喫煙習慣のある人の場合、体内では喫煙により大量の活性酸素が発生します。
プラセンタはこの活性酸素の除去にも優れた力を発揮しますので、肺がん予防にも効果的かもしれません。
もっとも、喫煙は百害あって一利なしと言われるほど健康には良くありませんので、まずは禁煙をし、これまでの喫煙でダメージを受けた細胞を修復、再生してもらうために、プラセンタを摂取することになります。

選ぶなら馬プラセンタ

小さな受精卵を完全な働きを持つ体に作り上げるのは、他でもない胎盤のおかげです。
そのため、胎盤には数多くの栄養成分がたっぷりと詰まっており、さらに先述したように、細胞の修復や再生という特殊な働きをする成長因子を持っています。
豊富な栄養成分に、奇跡的ともいえる働きを持つ成分が合わさっているのですから、プラセンタが老化予防に効果があると言われ、美容にも健康にもいいと言われるのもわかります。
その類まれなるパワーで、これからはがんの抑止にも大いに働いてくれるのではないでしょうか。
そんなプラセンタを選ぶなら、馬がおすすめです。
日本ではメジャーな動物の胎盤としてほかに豚がありますが、豚と比べると馬は栄養分において格段に優れています。
何しろ、馬は豚に比べてはるかに体格が大きいので、その体を作り上げるには小さな豚が必要とするよりも多くの栄養成分が必要です。
そのため、人が体内に摂取する場合も、豚よりも栄養分が豊富な馬プラセンタの方が、より効果が高くなる可能性があるわけです。

馬プラセンタにもいろいろ

馬プラセンタにもいろいろ

このようにプラセンタについての知識が広まるにつれて、効果が実感できると人気があるのは、やはり豚よりも馬プラセンタが多くなっています。
いろいろな会社からサプリメントやドリンクなどが販売されていますので、口コミを参考に、どれが人気なのかを探すのがいいでしょう。
もし、口コミの中にがん対策のために飲んでいるという方がいれば、その話は大いに参考になります。
高品質の馬プラセンタの力を借り、がん抑止のための対策を続けることで、がんを寄せ付けない身体にしたいものです。