馬プラセンタの人気の秘密はコレ!有効成分の濃さは豚プラセンタ以上!

馬プラセンタは、プラセンタの中でもメジャーな豚以上に有効成分を含みます。それもそのはず!豚の場合は1度に何頭も出産するので胎盤は非常に薄く栄養素も子豚に吸収された後のものになります。それに対して、馬は1度の出産で1頭。それも人間の胎盤に似た構造をしていて、栄養素がたっぷり残った好状態で取り出されます。そのため、豚プラセンタに比べるとアミノ酸、成長因子といったプラセンタ独特の有効成分に富んでいるのです。飼育環境もまた、プラセンタの有効成分の濃さを左右します。プラセンタが採取された後に、勿論そのままの状態で商品化することはできません。殺菌処理などが必要となります。豚に比べると馬はデリケートなため、徹底した飼育環境の元で育て上げられています。結果プラセンタが綺麗な状態で採取され、滅菌など加工にかける時間が減り、有効成分が流れ出す可能性がグッと減ります。

安全性の高さが特徴!馬プラセンタ

馬プラセンタが他の動物と比べると「安全」とされる理由を挙げてみましょう。

  • 徹底した衛生管理の元で育てられるので、病気にかかりにくく、薬の投与回数が少ない傾向にあります。
  • 馬はデリケートなので、豚のように添加物やホルモンを使用できません。さらに他の家畜と違い、薬物を多用できず投与には細心の注意が必要です。
  • 狂牛病(牛海綿状脳症、BSE)や口蹄疫などは、牛・羊・豚のように、ひづめが偶数で割れている動物に発生する病気です。馬の場合、ひづめは奇数。こうした病気にはかかりません。
  • 馬肉でも有名ですが、アレルゲンとなりにくく、アレルギーを引き起こしにくいと言われています。
  • 血統、飼育環境、無農薬飼料で育てられたことまで追跡可能な、徹底した管理下で育てられたサラブレッド馬のプラセンタなどもある。

馬プラセンタはアミノ酸効果が高い!美容におすすめ

馬プラセンタはアミノ酸効果が高い!美容におすすめ馬プラセンタに配合されているアミノ酸は豚プラセンタの約1.2倍、さらに豚プラセンタにはない6種類の必須・準必須アミノ酸が配合されています。プラセンタにしか含まれていない有効成分「成長因子」の配合量も、豚プラセンタに比べて多いのが特徴です。馬プラセンタが美肌に良いと言われるのはズバリ、こうした有効成分が濃いため、美容面での効果が出やすいからです。

アミノ酸

肌の主成分となるコラーゲンを作る原料です。その他に、お肌の角質層内にある保湿成分、NMFという天然保湿因子の原料にもなります。アミノ酸が不足してしまうとお肌の潤いや弾力不足の原因になります。

成長因子

成長因子の種類によって反応する細胞が異なるのですが、馬プラセンタに含まれる成長因子には、皮膚や、コラーゲンやエラスチンなどの肌弾力成分を作り出す細胞を活性化するものもあります。(植物性プラセンタには含まれません)

濃度・安全性・効果の実感は抜群!でもちょっとお高いのが特徴…馬プラセンタ

濃度・安全性・効果の実感は抜群!でもちょっとお高いのが特徴…馬プラセンタ安全性、有効成分の濃度に優れた馬プラセンタですが、ちょっと気になるのが、値段です。馬プラセンタは非常に希少。例えば、日本で生まれるサラブレッド馬は年間、大体7,000~8,000頭くらいなのですが、その中でも出産可能なのは3000頭ほどにしかなりません。ゆえに、日本国内のサラブレッド馬プラセンタともなると超高額になります。現在では価格競争もあって、海外のサラブレッド馬や、こだわって育てられた馬の胎盤を使用した商品も増えてきましたが、それでも割高傾向にあります。中には豚プラセンタと変わらないお値段の品もありますが、配合量が少なく、他の成分でごまかしたような製品も沢山存在します。サラブレッドに拘る必要はありませんが、良い物であれば、5,000円~8,000円(1か月)を目安にしましょう。馬プラセンタの選び方は他記事でじっくりご紹介したいと思います。

相乗効果を狙う!馬プラセンタの特徴・利点を生かした組み合わせ方法

相乗効果を狙う!馬プラセンタの特徴・利点を生かした組み合わせ方法相乗効果を狙うにおススメの組み合わせをご紹介します。馬プラセンタのサプリメントや美容化粧品を選ぶ際には、プラセンタ以外の成分にも注目してみて下さいね。

 

 

ビタミンC×馬プラセンタ

ビタミンCには、コラーゲンを合成する時に必要な酵素の働きを助ける補酵素としての働きがあると言われています。ビタミンCが不足してしまうと、馬プラセンタでコラーゲンの材料を取り入れても宝の持ち腐れ状態になってしまうのですね。

コラーゲン×馬プラセンタ

新しいコラーゲンの形成、古くなったコラーゲンの分解には、アミノ酸バランスに優れたたんぱく質が欠かせません。コラーゲンを補い、その働きを最大限に高めるに最適なのが、そう、「プラセンタ」です!馬プラセンタには20種のアミノ酸すべてが含まれています。