プラセンタが注目されている理由

プラセンタが注目されている理由

胎盤や臍帯から抽出した有効成分は、細胞を活性化させ健康増進させるとともに、美容効果が得られる働きに期待が寄せられています。
プラセンタ配合と銘打って健康食品や化粧品などに広く利用され、美容外科においてはプラセンタ注射と称して、美肌効果が期待できる施術として注目されています。
有効成分を抽出するためには、哺乳動物の胎盤が必要となりますが、厚労省の通達にそって反芻動物は対象外であり、牛、馬からの抽出成分が主体となっています。
胎盤に胎児を育てるために、体が準備した元気の源となる各種栄養素が含まれています。
ここから抽出したプラセンタには、アミノ酸などの体を作る栄養素とともに、体を強くするビタミン、酵素類が複合的に作用し健康増進に寄与します。

製品として流通しているのは、豚由来が多い生産量で主流となっています。
馬由来の製品は品質が高くより安全である高級品に分類されます。
植物性の製品も販売されておりますが、胎盤からの抽出ではないため成長因子が含まれておらず、厳密には馬、牛と同様に扱うことはできませんが、アンチエイジング効果に注目して化粧品などに利用されている場合があります。

馬由来と豚由来の違い

馬由来と豚由来の違い

プラセンタ配合の製品は、馬、豚由来が主体となっていますが、それぞれの違いを見ていきましょう。
胎盤から有効成分を抽出する製造方法ですので、母体の品質が多分に影響することは予想できることです。
まず、栄養面からみると馬由来のプラセンタに、豚のそれとくらべてアミノ酸がおよそ1.5倍多く含まれています。
安全面では、血統や体質が厳密に管理されているサラブレッドの胎盤から抽出した有効成分は、より安全であるとされています。

寄生虫が少ない等、衛生面で管理が行き届いているため安全性が高いのが特徴です。
一般に流通しているのは豚由来の製品が大半です。
豚は多産であり個体を増やしやすい一方で、馬は希少性があります。
製造過程において工程に手間がかかりますので、高品質である一方で価格が高くなる傾向があります。

馬プランセンタの優位性について

馬プラセンタが良いとされていますが、馬の生育環境や種類によって、その品質が左右されます。
またサラブレッドなのか、それ以外の馬なのかによっても、栄養管理や衛生管理に違いが出てきます。
胎盤の品質は母体となる馬の体質に直結していますので、飼育されていた際の周囲の環境や食べ物などにより影響を受けます。
特にサラブレッドは、徹底した管理のもとで生育されていますので、他の種類の馬と比べても良好な健康状態です。
体温が豚に比べると高いために、寄生虫の影響うけにくいほか、神経質な面があるため与えられた者以外の食べ物を摂らず、衛生面でも安心です。
したがって、良好な健康状態でされたサラブレッドから抽出したプラセンタはより高品質なものとなります。
一方、豚にはサラブレッドのような特殊な管理体制が適用されることはありませんので、品質面では馬由来の製品に優位性があります。

馬プラセンタエキスの抽出方法

胎盤から有効成分を抽出してプラセンタとして利用に供するよう加工する必要があります。
純度の高い成分の抽出をするためには、高度な抽出方式を採用する必要がありますが、そのためにはコストがかかります。
製品化の目的やコストによって製造方法が最適化されますので、必ずしも純度100%と言えない事情があります。
酵素分解法、凍結融解法の他、メーカー独自の抽出方法が適用されます。
但し、企業秘密にも該当するために、どのような方式で有効成分を抽出しているのかについては、通常は公開されません。
また、胎盤から抽出する際に感染症への対策として、殺菌処理を施しますが、有効成分の一部の働きも弱められてしまいます。
安全性を高めると、有効成分が減るといったトレードオフがありますが、多少の犠牲があっても安全性が重視されています。

プラセンタの有効成分は動物や抽出方法によって大きく異なる

プラセンタの有効成分は動物や抽出方法によって大きく異なる

美容効果、若返り効果があるプラセンタが注目されています。
馬、牛の胎盤から抽出した有効成分に、様々な健康増進効果があるからです。
特に成長因子が効果的に作用することで、免疫力アップ、美肌効果、ホルモン調節作用など、複合的にメリットを享受することができるために人気です。
母体となる哺乳動物は、厚労省の通達より豚、馬に限られています。
また、ブタは多産であり個体が多いために製造しやすい傾向がありますので、市販のサプリや化粧品に配合されるケースが多くあります。
馬は個体数が少ないための大量に生産にしにくい事情がありますが、品質が高いとされています。
特に飼育環境が厳密に管理されているサラブレッドは、さらに高品質の有効成分を抽出できるため貴重です。
抽出方法によって、有効成分の残存率が左右されますが、効果と抽出コストのトレードオフとなりますので、目的と販売価格によって抽出方法が最適化されています。