プラセンタドリンクの効果

プラセンタドリンクの効果

プラセンタサプリなどと同様に、美容効果と健康効果があります。

美容効果~美白効果。シミやしわ、たるみの予防と改善。新陳代謝を活発にすることで、肌の修復(ニキビや肌荒れ)が可能。アンチエイジング効果に優れており、若くみずみずしい肌を手に入れることができる。白髪予防と改善。バストアップ効果。

健康効果~疲労回復、PMSや生理痛、更年期障害の改善。抗アレルギー効果。免疫力の向上。血行促進。肩こりの改善。

プラセンタドリンクの魅力

プラセンタドリンクはプラセンタの成分を飲みやすいドリンクタイプにしたものです。1回飲み切りタイプと容量の多いタイプが発売されています。

プラセンタドリンクは、空腹を少し満たすことができるという点が魅力でしょう。サプリメントではそうは行きません。サプリメントなどのカプセルタイプのものを飲み込むのが苦手という人はドリンクの方が手軽です。

プラセンタの注射をするという方法もありますが、クリニックに通わなくてはならないということや、費用的な問題、持続した効果を得るには頻繁にクリニックに通うとなると、継続することが難しいと言えます。

プラセンタとは何?

プラセンタとは「胎盤」のことです。使われているのは、主に豚や馬の胎盤です。海洋性や植物性のプラセンタ商品もあります。胎盤には豊富な栄養が含まれており、この栄養素が美容と健康に効果があります。

プラセンタには、成長因子、アミノ酸、ミネラル、ビタミン、タンパク質、糖質、核酸が含まれます。成長因子は、豚や馬のプラセンタにしか含まれません。成長因子が含まれるからこそ、肌への効果も健康効果も高いのです。この成長因子という成分は、美容効果や健康効果の高いほかのサプリメントには含まれないものです。

プラセンタドリンクの飲み方

プラセンタに何を求めているかで飲むタイミングを考えましょう。

朝飲む~健康効果や1日の活力を得るため
寝る前飲む~美容効果を狙っている
たまに飲む~体調の悪いときなどを選んで飲む

このように飲むタイミングを分けて行くと効果が得やすくなります。
プラセンタドリンクは決して安価ではないために、3つ目の「たまに飲む」という方法を取っている人もいますが、効果がないとは言いませんが、プラセンタは毎日継続して続ける方がより効果的です。美容効果を得たい人はなおさらです。

プラセンタドリンクの味

飲みやすいフルーツ味をベースにしていることが多いようです。マンゴー味やピーチ味などがよく見られます。
しかし、以前までのプラセンタドリンクはどれもクセのある飲みにくいものが主流でした。最近では、味を改良しているものが多いので無理なく飲めます。

プラセンタ配合量

プラセンタの配合量はそれぞれのドリンクで違います。プラセンタエキス○○mgとなっているものとプラセンタ原末○○mgとなっているものを同じように比較することはできません。

原末に換算する方が分かりやすいですし、エキスの場合はプラセンタ以外にも水で薄められたりしているので、原末100mgとエキス3000mgが同じくらいだとする意見もあります。

プラセンタの配合量の記載の規定が原末だったり、エキスだったり統一されていないことは既に問題となっているのですが、現在の状況では表示の規定が義務化されていないということもあり、分かりづらくなっています。私たち消費者が正しい知識を持って、見極めて行くことが大切です。

プラセンタドリンクのコスト

プラセンタドリンクのコスト

プラセンタドリンクのコストはそれぞれ違います。割と安価なものからかなり高価なものまで。プラセンタ配合量が多いものはどうしても高価になりがちです。また、製法によっても違って来ます。

1回あたり100円程度のものから、500円以上のものまでコストはさまざまです。
しかし、ドリンクという特性上、サプリメントと比べるとどうしても割高になりがちです。

初回限定価格でお得に試したり、定期購入でお得に試すなどの方法で少しコストを抑えることができます。

プラセンタドリンクはどのくらい飲む?

どのような効果を求めているかどうかによります。肌の効果を求めている場合は、ターンオーバーを考えても最低は3ヶ月は継続して続けることが必要ですし、美白効果を求めている場合はずっと飲み続けることが必要です。

女性特有の悩みの改善を求めている場合は、最低でも3ヶ月以上の継続が必要です。

プラセンタ以外の成分

意外と忘れがちなのが、プラセンタドリンクに含まれるそのほかの成分についてです。プラセンタのみしか含まれていないというものもありますが、コラーゲン、ヒアルロン酸、サイタイエキス、ローヤルゼリーなどさまざまな成分が含まれています。
自分が求めている効果と照らし合わせてプラセンタドリンクを選ぶとよいでしょう。