馬プラセンタの効果は市販品ではナンバーワン!

体に馴染みやすく海外で人気の羊プラセンタも馬に負けず栄養価が高いとされていますが、スクレイピー病という病気にかかることでも知られています。狂牛病が問題になってから、日本政府が牛に近い羊を原料とした品の輸入を制限するようになり、日本では羊プラセンタは高額となる傾向にあります。そのため、豚や馬プラセンタの方が主流です。馬プラセンタは豚に比べるとアミノ酸の配合量は1.2倍、さらに細胞の活性化を促す成長因子もより多く含んでいます。魚や植物由来のプラセンタもありますが、魚や植物には胎盤はなく、成長因子が含まれていません。こうして見てみると、馬プラセンタは日本で手に入るプラセンタの中で、最も高い効果を実感できる品と言えます。馬プラセンタの効果を詳しく見ていくことにしましょう。

馬プラセンタの美容効果

馬プラセンタの美容効果を一覧にしてみましょう。

  • 潤い肌効果
    天然保湿因子(NMF)やコラーゲンの元となるアミノ酸を豊富に含んでいるため、お肌の保湿力アップが目指せます。
  • くすみ・ごわつき改善効果
    上皮細胞成長因子(EGF)により肌のターンオーバーが整えられ、肌の代謝とともにくすみ改善が見込めます。
  • お肌弾力アップ効果
    線維芽細胞増殖因子(FGF)が線維芽細胞を活性化し、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを生成。
  • 美白効果
    上皮細胞成長因子(EGF)が、メラニンを生成する酵素チロシナーゼのはたらきを抑制し、メラニンの生成を抑えたり、余分なものを排出してくれたりします。さらに、プラセンタに含まれるビタミンC、E、ミネラル、活性ペプチドと言った抗酸化成分もメラニン抑制に有効とされています。

馬プラセンタの健康効果

馬プラセンタの健康効果を一覧にしてみましょう。

  • 血行促進で冷え性改善・ダイエット効果のアップ
    数かずの成長因子により、細胞分裂が促進され体の機能がアップ。結果血行にも良い影響を与え陳新代謝の向上に貢献すると言われています。糖質・脂質の分解や代謝に関わるビタミンやミネラルを含むので、ダイエットにも効果的。
  • 免疫力を高めて風邪に強くなる
    免疫細胞の活性を高めることが分かっています。
  • 活生酸素の除去で、アンチエイジングが目指せる
    抗酸化作用のあるビタミン、ミネラルなどを含んでいます。
  • アレルギー症状の緩和
    ビタミンD、オメガ3系脂肪酸、 ガングリオシド、コンドロイチン硫酸と言った、免疫抑制物質が含まれています。IgEの産生を抑える効果も分かっています。
  • 疲労回復効果でいつでも元気に!
    疲労回復に効果的とされる、アミノ酸やたんぱく質、カルシウムを含んでいます。

馬プラセンタの心への効果

馬プラセンタの心への効果最近イライラしていませんか?そんな時にこそ、馬プラセンタがおすすめです。馬プラセンタには、他種のビタミン、ミネラル、たんぱく質(アミノ酸)、酵素などが含まれていますが、体はストレスを感じるとこうした栄養素を沢山消費します。するとストレスを溜めるほどに、体が疲れやすくなったり、不調になったりするのです。体のストレスは心のストレスにもなります。しっかりプラセンタでこうした栄養素を補給すれば、不足する心配がすくなくなりますよ。さらに、プラセンタには、ホルモンバランを整える働き、自律神経調整作用があり、イライラとしがちな心を落ち着けるに効果的とされています。

馬プラセンタのホルモンバランス調整効果

馬プラセンタのホルモンバランス調整効果馬プラセンタには、体内で生じてしまったホルモンバランスの乱れを整える作用があります。女性、男性に関わらず、ホルモンバランスが乱れることで、髪質の低下や抜け毛、肌荒れやニキビ、うつ・情緒不安定、爪が割れやすい・毛深くなる、睡眠障害、生理不順などの症状が現れることも。ホルモンは繊細な脳で分泌が指示されているので、ストレス、食生活、ダイエット、冷え性、睡眠不足などの影響を受けやすく、簡単にバランスが崩れやすいと言われています。ストレスの多い現代だからこそ、予防も兼ねて摂取しておくと安心かも知れません。プラセンタの自律神経・ホルモンバランス調整能力は高く、更年期障害や、生理痛の緩和、うつ病の治療に使用されています。