馬のプラセンタ

馬のプラセンタ

現在、美容効果や健康効果として注目されているのがプラセンタです。
プラセンタとは、胎盤エキスの事を指します。
胎盤から抽出されたエキスには、様々な栄養素が含まれているため、とても優秀な成分です。
主な成分は、グロースファクターと言われる成長因子やアミノ酸、ビタミンなどが挙げられます。
プラセンタの成分により、細胞を活性化させて新陳代謝を促進し、免疫力を増加する効果があります。
プラセンタの摂取方法は注射やサプリ、美容液など様々あります。
また、プラセンタには馬や豚、植物などがあります。
特に栄養素が豊富で、安全性が高い馬のプラセンタは人気が高いです。
栄養素は豊富ですが、効果を得るためにはプラセンタの摂取を続ける事が大切です。
個人差や使用するものにもよりますが、効果が現れるのは続けてから3ヶ月程度になります。
定期的に使用する事で、いつまでも健康的な体を作る事が出来ます。

注射を打つ頻度は?

プラセンタを体内に摂取する方法として、注射を打つという事が挙げられます。
プラセンタ注射はシミやシワ、くすみなどの美容効果を得られたい方や、健康的な体を作りたい方など様々な用途で使用されています。
効果がすぐに現れやすく、注射を打つ方も増えています。
プラセンタ注射の安全性は高いですが、注射を使用する頻度に気を付けなければいけません。
プラセンタ注射は、初めに集中的に治療を行います。
改善したい症状にもよりますが、1週間に1回から3回の頻度で注射を打ちます。
ほとんどの方は2、3回程度で効果が現れ、徐々に使用する頻度を減らして行く事が出来ます。

使用回数は治療する方によって異なり、効果が現れるにつれて注射を打つ頻度も減らして行きます。
特に、プラセンタ注射を打つ頻度は決められていないので、自分のお肌や体の状態に合わせる必要があります。

医療現場ではどのくらい使用するのか

医療現場ではどのくらい使用するのか

プラセンタ注射は、美容効果や健康効果として使用するだけでなく、医療現場でも使用されています。
医療現場で使用されるプラセンタ注射は、主にメルスモンとラエンネックの2種類があります。
メルスモンとは、ホルモン系の治療に使用されています。
主な病気として、更年期障害などが挙げられます。
ラエンネックの場合は、肝機能の障害を治療するために使用します。
その他にも内科やアレルギー科など様々な診療科で使用されているほど、安全で効果を得る事が出来ます。
プラセンタ注射は、3分ほどで吸収されて体内に2、3日残ります。
治療する期間は、週に1回から3回の注射を1年かけて行います。

治療の改善効果が少しずつ見られる際には、注射の回数を減らして行きます。
注意点としては、効果が得られているのに注射をしすぎない事が挙げられます。
注射は摂取方法の中でもすぐに効果が現れやすいので、自分の状態と相談しながら行う事が重要になってきます。

サプリはどのくらい続けると効果が出るのか

様々な栄養素が豊富に含まれている馬のプラセンタですが、効果を発揮するためには、続ける事が大切です。
プラセンタのサプリも、使用する頻度によって効果が変化してきます。
飲み始めて最初に効果が現れる箇所は、お肌という方が多いです。
プラセンタにより、お肌のキメが細かくなり皮脂量が増えるため、お肌は目で見ても効果を感じる事が出来ます。
その他の改善効果として、体調の変化が挙げられます。
朝起きられなかったり、お酒で悪酔いしたりしてしまう方など体の症状で悩みを抱えている場合でも、サプリを飲み続けると体が楽になる事が実感出来ます。
効果を得るためには、改善したい症状にあわせて飲み続ける必要があります。
冷え性や体の症状で悩まれている方は、最低でも3ヶ月飲む事で改善効果を感じやすいです。
美容効果を得たい場合は、1年以上飲み続ける事が大切です。

また長期間飲み続ける事で、アンチエイジングの効果もあります。

使用頻度を心がける事で、効果も上がる

使用頻度を心がける事で、効果も上がる

こういったように、馬のプラセンタは栄養素が豊富で、美容や健康にとって様々な効果が得られやすいです。
また、摂取方法の種類も豊富で、自分に合った方法を選ぶ事が出来ます。
プラセンタは使用する頻度を心がける事で、効率よく効果を上げられる事が出来ます。
注射を打つ場合は、始めに集中的に行う事で、効果を発揮する事が出来ます。
早い方だと3回から5回程度で改善される場合があります。
治療で行う際には、医師と相談しながら注射を行う事が大切です。
サプリの場合は、注射より効果を感じる事が遅いですが、気軽で痛みもないため安心して続けられます。
使用する頻度は、毎日を1ヶ月から3ヶ月飲む事で効果が少しずつ現れ、1年ほど続ける事で、健康的な体を維持する事が出来ます。
どの摂取方法も様々なメリットがあるので、自分の状態に合わせて定期的に行う事が大切です。