更年期障害について

いつから

更年期障害について

更年期とは閉経を挟んだ10年余りと言われています。閉経はだいたい50歳なので、一般的には45~55歳までを更年期と呼びます。しかし、これには個人差があり、40歳になる前から更年期障害と思われる症状が起きる人もいます。最近ではこのように早く更年期障害が訪れる人が増えています。


症状

初期の段階

生理周期が乱れたり、精神面の症状が特に出やすいです。(孤独感、不眠、イライラなど)
更年期障害でよく言われるのぼせやほてり、異常発汗も初期の段階で起きやすいです。
このほか、頭痛、記憶力の問題、手足の冷えや血圧の変化などがあります。

中期~後期の段階

頻尿、尿漏れ、肩こり、腰痛、関節痛、肌の衰え(シミ、しわ、透明感の低下)
このほかにも、生活習慣病になりやすくなったり、肥満になりやすくなります。

どうして起こる?

閉経が近づく年齢に差し掛かると、卵巣の機能が落ちます。そして、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が著しく低下します。エストロゲンの量が少なくなると、女性ホルモンのバランスが崩れます。このことで、脳の視床下部を刺激するので、自律神経が乱れることになり、様々な症状を引き起こします。心と体に影響するのが更年期障害です。

プラセンタが更年期障害に効果がある理由

プラセンタの効果の1つにホルモンのバランスを整える効果があります。
成長因子とそのほかの栄養成分によって、更年期障害に効果があります。成長因子は体の機能が調整されて、症状が緩和されます。栄養成分も体の不調を治すようにはたらきます。ふたつの効果があって、プラセンタは更年期障害に効果があるのです。

医療用プラセンタ

医療用プラセンタ

医療用プラセンタというものがあります。クリニックでプラセンタを注射してもらうことができます。

メルスモンと呼ばれるこのプラセンタ注射はヒトの胎盤を使っているものです。1956年に認可されたので臨床データがしっかり揃っていると言えます。ヒト由来の胎盤はこの医療用のものだけです。更年期障害のプラセンタ注射による治療は週に1~2回の注射が必要で、期間は3ヶ月以上かかります。価格は2,000円くらいですが、クリニックによってまちまちです。更年期障害の症状の改善効果を感じる人は全体の7割程度です。

更年期障害を軽くするための方法

更年期障害の症状はできる限り経験したくないものです。だったら、予防すればよいということになるのですが、どのような方法があるのでしょうか。

先ほどもプラセンタ注射をして更年期障害の症状を改善するという話がありましたが、更年期の近づいたときから、プラセンタサプリを利用するというのもひとつの方法です。注射と比べてクリニックに通うこともなく、費用も通院に比べたら掛かりません。

更年期障害の予防や改善効果だけでなく、そのほかの効果も得られるというところがプラセンタという成分の長所です。美肌効果、ダイエット効果、疲労回復、免疫力向上などありとあらゆる効果が得られます。

更年期障害 食生活で大事なこと

普段の食生活で大事なことは、食べ過ぎに注意し、ビタミンB1、Eを意識して摂取することです。緑黄色野菜やナッツ類や豚肉、レバーがこれに当たります。ホルモンバランスや自律神経のバランスを整える効果があるからです。

プラセンタが更年期障害に効果があるというのも、上記のようなビタミンB1もEも含まれているということも言えるでしょう。まんべんなく栄養を摂取できるのがプラセンタのメリットです。

更年期障害 日常生活で大事なこと

規則正しい生活を送り、定期的な運動をすることによって、自律神経を安定させる効果があります。

更年期障害 どんなプラセンタを選んだらいい?

成長因子が含まれていることが大切ですから、豚か馬のプラセンタがいいでしょう。豚の場合は、SPF豚のプラセンタにしましょう。プラセンタの配合量は純末で100mg以上毎日取れるものがいいでしょう。エキス換算してある場合は、万単位になっているので純末換算と同じように比べることはできません。

更年期障害とプラセンタのまとめ

更年期障害は昔から医療用のプラセンタ注射があるように、プラセンタが症状の改善に効果があることが明らかです。これから更年期だという人も試してみる価値があるでしょう。更年期障害の辛さはあらゆるところで聞くことがありますが、これまでの生活を一変するくらいの内容ということもあるようです。できる限り軽く済むようにしたいものです。