羊の頭数が多い国ランキング

羊の頭数が多い国ランキング

ニュージーランドの羊のプラセンタを使用しているサプリメントについて耳にする機会が多いので、ニュージーランドはそれだけ羊の頭数が多いと思い込んでいました。実際のところは、ニュージーランドの羊の頭数は世界第7位のようです。ちなみに日本の羊の頭数は2万頭しかおらず、主に北海道で育っているようです。

<羊の頭数ランキング>

  1. 中国(1億8700万頭)

  2. インド(7500万頭)

  3. オーストラリア(7472万頭)

  4. イラン(4875万頭)

  5. ナイジェリア(3850万頭)

  6. イギリス(3221万頭)

  7. ニュージーランド(3126万頭)

国の面積の問題もありますから、中国など桁外れに羊が多いということも納得できます。

羊プラセンタはどこの国のものが多い?

羊プラセンタに使われる羊はやはりニュージーランドのものが多いようです。ニュージーランドでは羊を放し飼いにし、家畜の飼料ではなく、草を食べて育っています。極めて自然の中で育っているのです。

国によっては、羊に草ではなく飼料やそのほかのものを食べさせていることもあり、そのような羊のプラセンタだとサプリメントとして飲むのは少し抵抗が出て来ます。

このような環境の中で育っているので、病気にもなりにくく(もともと免疫力が強いということもあります)、ストレスも少ない状態です。

プラセンタに使われる羊としてはこの上ない状態であることは間違いありません。

ニュージーランド産羊プラセンタ安全性について

ニュージーランド産羊プラセンタ安全性について

ニュージーランドで育った羊のプラセンタ、飼料面でも環境面でも安全性の高いプラセンタです。

製造される工場の基準については、やはり日本の工場は品質管理も世界一と言われています。海外の製造については、どうしても日本よりかは劣るかもしれません。

ニュージーランド産羊プラセンタの費用面について

ニュージーランドのから輸入するので、関税の関係もあって費用は高めのものが多いです。これは仕方のないことでしょう。どうしても羊のプラセンタが良いと思う人にとっては、仕方ないことなのかもしれません。

海外では羊プラセンタが人気

海外では羊プラセンタが人気があります。日本で購入するときのように高額ではありませんし、何よりも美容効果が高く、効果を感じやすいことが背景にあります。海外セレブやモデルが使用しているということも人気を後押ししてるようです。

羊プラセンタニュージーランドのまとめ

羊プラセンタはニュージーランドの飼育環境と餌を考えると、サプリメントに使用するには適していると思われます。
美容効果が高いことや、効果が出現しやすいことは大きなメリットではありますが、ネックはやはりお値段という声が多いようです。