羊プラセンタの個人輸入

羊プラセンタの個人輸入

インターネットショッピングが普及するにつれて身近になって来たのが個人輸入です。あらゆる商品が個人輸入ができ、羊プラセンタサプリも個人輸入が可能です。

日本で羊プラセンタを製造することはできませんが、販売することはできるので、いくつかのメーカーが個人輸入をして私たちに販売するという形を取っています。

羊プラセンタ個人輸入のメリット

個人輸入をすると販売だけを日本で行っているメーカーから購入する場合と比べて安価で購入することが可能です。これから長く続けて行く羊サプリメントがあれば、まとめ買いをすることによって送料も節約できるのでコストがかからずに済みます。

羊プラセンタ個人輸入のデメリット

羊プラセンタ個人輸入のデメリット

個人輸入をすると送料がかかりますが、ひとつだけ購入という場合は高くつくこともあります。また、送料に関しては販売元によって4倍くらいの差があるようです。

これまで使ったことがないサプリメントなどを購入するときには、その商品がどのようなものかがわからないので、「効果がない」「商品説明と違う」などのトラブルも発生しています。

もし、何か問題が起きたときに海外の業者相手なので問い合わせなどが難しく、困ったことも泣き寝入りするという場合もあるようです。

厚生労働省も注意喚起している

医薬品等の個人輸入は健康被害などの危険性があります。

医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器、体外診断用医薬品又は再生医療等製品(以下「医薬品等」という。)を、海外からインターネット等を利用して取り寄せ、又は外国の旅行先で購入して持ち帰る等(いわゆる個人輸入)して、使用される方がいらっしゃいます。しかし、そうした医薬品等は、日本国内で医薬品医療機器等法を遵守して販売等されている医薬品等に比べて、次のような保健衛生上の危険性(リスク)があります。

厚生労働省のHP
出典元:http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/kojinyunyu/index.html

トラブルに巻き込まれないためにできること

  • どうしても個人輸入ではないといけないという場合を除いて利用しない
  • 本当に信頼できる販売元の商品しか利用しない
  • どこの国の羊のプラセンタを使用しているのか、どのような製造方法を取っているのか調べてから購入する
  • 商品価格、送料などの必要な価格のチェックを行う
  • 自信がない場合は個人輸入販売元から商品購入する

羊プラセンタ個人輸入のまとめ

羊プラセンタ商品の個人輸入はいくつかの問題がありそうです。トラブルに見舞われている人もいるようですが、一方でスムーズに納得の行く商品を低価格で購入している人もいます。個人輸入にはいくつかの疑問や問題はつきものです。それらを対処できるのかを考えて個人輸入するかを決めましょう。

どうしても羊プラセンタにこだわるという場合は、個人輸入販売元から商品を購入するという方法もあります。いくらか手数料が入っているので価格はやや高額になりますが、トラブルは少ないでしょう。