そもそもプラセンタとは?

そもそもプラセンタとは?

プラセンタとは、胎盤のことです。母親と胎児をつなぐものが胎盤であり、子宮内に存在します。この胎盤をとおして胎児は栄養素や酸素を得ている、まさに胎児にとって命綱とも言える存在です。


豚プラセンタのメリット

豚プラセンタのメリットは、プラセンタそのものの流通数の多さが一番に挙げられます。というのは、豚という動物は1度の出産で10頭前後を出産しますし、妊娠期間も114日ほどなので、年に2回の出産が可能だからです。

また、豚舎などで数多く飼育できるという点はさらに、プラセンタそのものが安定して供給できることにつながります。そのほかの動物のプラセンタに比べて価格も安価である理由はこれらのことが主な理由です。日本で一番多く流通しているのは、豚プラセンタです。

プラセンタに含まれる成分

プラセンタに含まれる成分

プラセンタには数多くの成分が含まれます。成長因子、アミノ酸、酵素類、ムコ多糖体、核酸構成物質などです。

これらの成分の中に細かい成分が配合されており、例えば成長因子を例に挙げますと、HGF(肝細胞増殖因子)、NGF(神経細胞増殖因子)、EGF(上皮細胞増殖因子)などが含まれます。
成長因子は、プラセンタ以外では含まれることのない成分です。プラセンタと呼ばれるものの中でも、動物の胎盤を使ったプラセンタにしか含まれません。

プラセンタの素晴らしさは、成長因子が含まれているからと言ってもいいでしょう。この成分こそがプラセンタの効果の要とも言われます。


SPF豚

近年、豚プラセンタの中でよく取り上げられるのがSPF豚という品種です。この豚のプラセンタは、病気にかからないような清潔な環境で育てられた豚であり、日本SPF豚協会という非営利団体によって定められた基準で育てられた豚です。抗生物質を与えられずに育っているので安心ですし、プラセンタの製造過程でも処理そのものが少ないので、失われる成分も少ないことから、豚プラセンタの中では特に人気があります。

豚プラセンタのまとめ

豚プラセンタは流通量が多く、価格もそのほかのプラセンタと比べて安価です。成長因子も含まれているので、効果も高いのが魅力です。SPF豚のプラセンタが近年人気がありますが、日本SPF豚協会の定められた基準で育てられたものにしか認められていません。そのため、安全性が高いと言われています。