サプリメントは製造方法にも注目して選ぶようにしましょう

サプリメントは製造方法にも注目して選ぶようにしましょう

美しい肌を求めてプラセンタのサプリメントを使用する女性が増えていますが、プラセンタの高い美容効果グロースファクター(成長因子)とアミノ酸が大きく影響しています。
細胞の分裂や増殖を促すグロースファクターの働きによってお肌のターンオーバーが正常に行われるようになり、細胞レベルでお肌が若返ります。
また、アミノ酸はお肌のハリに必要なコラーゲンの生成を促進する働きがあります。
ですから、プラセンタサプリを使用する場合にはグロースファクターとアミノ酸の含有量が多い高品質なプラセンタを選ぶことが重要になります。
現在プラセンタサプリの原料として国内で使用されているのは馬と豚の2種類ですが、品質で選ぶならば馬を原料とした商品を選ぶべきです。
高級な馬プラセンタは原料として国産のサラブレッドの胎盤が使用されていて、栄養面だけでなく安全性も高いからです。
また、同じ原料を使用しているならば製造方法にも注意しましょう。
胎盤からプラセンタエキスを製造するときの方法によってグロースファクターやアミノ酸など有効成分の含有量に差が出るからです。
ここでは現在プラセンタを製造する際に主に使用されている3つの方法について紹介しますので、プラセンタサプリを選ぶ際の参考にしてみてください。

加水分解法

加水分解法とは馬の胎盤から抽出したプラセンタエキスに強い酸を加えることでタンパク質をアミノ酸レベルまで分解する方法です。
比較的古くからある製造方法で、日本でもかつてはほとんどすべてのプラセンタはこの方法で製造されていました。
加水分解法を使用する最大のメリットは低コストで効率的にプラセンタを製造することができるという点です。
安い値段で流通しているプラセンタサプリの多くはこの方法で製造されています。

一方でデメリットもあります。
既述の通り、加水分解法ではプラセンタエキスから有効成分を取り出すために強い酸を使用しますが、この酸の影響によってグロースファクターやアミノ酸の一部が壊れてしまうことがあるのです。
当然のことながら、壊れてしまったグロースファクターやアミノ酸は本来持っている効能を十分に発揮することができません。
同じ100mg配合のプラセンタサプリを飲んでも、壊れた有効成分が多ければ効果は実感できないということになります。
このように、加水分解法によって製造されたプラセンタサプリは一般的に品質が低くなってしまいます。
値段は安いですが効果面では高品質のサプリメントを選ぶほうが良いでしょう。

凍結分解法と凍結酵素抽出法

馬プラセンタを抽出する方法として加水分解法の次に主流となったのが凍結分解法です。
凍結融解法とも呼ばれます。
凍結分解法では抽出したプラセンタエキスの急速冷凍と解凍を何度か繰り返すことで細胞膜を破壊して有効成分を取り出します。
この方法も比較的簡単にプラセンタを製造できるので低コストですが、冷凍と解凍を繰り返す工程で細胞膜と一緒に有効成分も壊してしまう可能性があります。
そのため、この方法で製造されたプラセンタサプリも高品質とはいえません。
凍結分解法の欠点を改善して、より高純度のプラセンタを抽出できる方法として開発されたのが凍結酵素抽出法です。
この方法では一度凍結したプラセンタエキスに数種類の酵素を加えることで有効成分を取り出します。
酵素は1種類で1つの働きしかしないので、有効成分以外の不要な物質を分解する酵素を加えることで有効成分だけを残すことができます。
凍結分解法と比べると手間がかかるのでコストも割高になりますが、高品質なプラセンタを製造することが可能です。

分子分画法

分子分画法

近年になって注目されているプラセンタ製造法が分子分画法です。
ラエンネック製法とも呼ばれます。
従来の製法ではプラセンタエキスから安全にアミノ酸を取り出すことはできても、グロースファクターについては壊さずに安定的に取り出すことは難しいというのが実情でした。
しかし、分子分画法では特殊なフィルターを使用することでプラセンタエキスに含まれる不要な成分だけを取り除くことができるようになり、アミノ酸やグロースファクターを壊すことなく安定的に取り出すことができるようになりました。
本来、分子分画法はヒトプラセンタを製造するために開発されたものです。
ヒトプラセンタは感染症の予防から医師による注射という形でしか摂取することができません。
ところが最近ではこの方法で製造された馬プラセンタを原料としたサプリメントも販売されるようになっているので、手軽に高品質なプラセンタサプリを手に入れることができるようになりました。

効果を実感するためには高品質なプラセンタがオススメ

効果を実感するためには高品質なプラセンタがオススメ

これまで説明してきたように、プラセンタサプリは製造方法によって品質に違いがあります。
品質はいまいちながら低価格で購入できる商品もあれば、高級だけれど品質の高いプラセンタが使われている商品もあります。
たしかに、はじめてプラセンタサプリを購入する人にとっては値段の安い商品のほうが気軽に購入することができますが、高い効果を望むのであればやはり高品質な商品を選ぶべきでしょう。
プラセンタサプリの多くは「プラセンタ含有量200mg」など濃度ばかりが強調されていて製造の方法については記載されていないものもありますが、分子分画法など特殊な方法で製造されたサプリメントについては他の商品との差別化を図るために積極的に製造の方法を掲載しています。
製造方法で馬プラセンタサプリを選ぶならば、そのような商品を選ぶようにしましょう。