プラセンタとは主に動物由来の有効成分のこと

プラセンタとは主に動物由来の有効成分のこと

プラセンタは、哺乳動物の胎盤や臍帯から抽出したエキスから作られています。
胎児の成長に必要な栄養素、ビタミン、酵素などが豊富に含まれていることから、美容や若返りを目的とするサプリメント等に利用されています。
その中でも特に、動物性の特徴として、体を作る成長因子が含まれていることが、他の製品にはない特徴として挙げることができます。
ちなみに植物性の製品も流通していますが、抗酸化作用はあるものの成長因子が含まれておらず、動物性の製品と同じ見方をすることはできません。
通常、牛、豚由来と表記されていない場合はこちらの有効成分が配合されていると考えて良いでしょう。
主に化粧品などに応用されます。
豊富な栄養素と成長因子の作用によって、美容や健康増進の効果に加えて、ホルモンバランスの調整や疲労回復など万能とも言える程の広範な効果が期待できる点が特徴的です。

馬プラセンタの品質が高いとされる理由とは?

プラセンタは、哺乳動物の胎盤から抽出した有効成分が配合されている製品です。
その中でも、豚や馬が由来となっている製品が主流となっています。
多産の豚は特に生産性が高いため、コストダウンがしやすい特徴があります。
一般にプラセンタ配合とされている製品は、豚由来のものであると考えて良いでしょう。
ちなみに、羊や山羊などの反芻動物については、狂牛病などの感染を考慮して、対象から除外する旨の通達が厚労省より出されています。
馬由来の製品は、品質が高い点が注目されています。
飼育環境が整備されており、良好な健康状態の馬を対象としているためです。
しかし、原材料の調達コストがかかるため、豚由来の製品に比べて高級品の位置付けとなります。
サラブレッドの場合は、馬の中でも特に健康管理が厳密であり、より品質が高いとされています。
また、豚由来に比べて馬プラセンタは、アミノ酸の含有量が多く、体作りの基本栄養素を効率良く摂取できると期待されています。

飼育環境によって大きく異なる品質の違い

飼育環境によって大きく異なる品質の違い

製品の安全性や、品質について知っておきましょう。
豚や馬の飼育環境の違いが、製品化したプラセンタの品質に影響を及ぼす可能性があるからです。
豚は大量生産され、病気予防のための投薬などの影響を受けている可能性があります。
一方、馬は体温が高く寄生虫の心配もなく、体が丈夫であり薬の影響を受けにくいといった特性があります。
特にサラブレッドは、一頭一頭が厳密な食事管理や体調管理によって、大切に飼育されていることから安全性に勝ります
大自然の中で、ストレスフリーで育てられ農薬の影響を受けない食事を摂って飼育されている環境であれば病気とも縁がなくなるからです。
サラブレッドの胎盤から作られた馬プランセンタが高品質である理由についても、頷けるものとなります。
安全性にこだわるのであれば、高品質の馬プラセンタを検討してみても良いでしょう。

有効成分の抽出方法が品質を左右する

有効成分の抽出方法が品質を左右する

同じ馬プラセンタであっても、胎盤からの有効成分の抽出方法が品質を左右します。
携帯性や保存性を考慮して、製品は粉末状に加工されているものがほとんどです。
有効成分の抽出から、粉末加工後の最終製品に、有効成分がどの程度、含まれているのかによって品質が決まります。
胎盤から抽出したエキスは、一般に熱に弱く殺菌処理の際に、一部の有効成分も損なわれてしまいます。
感染症を考慮した滅菌による安全確保と、有効成分の純度を維持することは表裏一体のもと考えることができます。
有効成分の抽出方法には、加水分解法や酵素分解法などいくつかありますが、この他、製造会社独自の方法が採用される場合もあります。
粉末化の技術には、フリーズドライ製法とスプレードライ製法の2つがあります。
前者は加熱しないために有効成分残存率は高いく品質が良いがコストがかかります。
後者は製造過程で有効成分の一部が損なわれる可能性があります。
いずれの方法を採用するかについては、コストと品質バランスを考慮して決定されます。

馬プラセンタの概要と有効性についてのまとめ

プラセンタは、哺乳動物の胎盤から抽出した有効成分であり、疲労回復やアンチエイジングなど、様々な健康増進、美容効果が期待できます。
その中でも馬プラセンタは、アミノ酸含有量が多く、安全性も高いために高級サプリメントとして位置付けられています。
一般に流通している豚由来の製品に比べて、馬由来の製品の品質が高いとされている理由には、飼育環境と個体の特性を挙げることができます。
馬は、食べ物や飼育環境が良好であり、体が丈夫であることから薬による影響が少ないといった事情から、胎盤の状態も好条件が揃っています。
サラブレッドの場合、その傾向が顕著であり、大自然のもとでストレスなく飼育されていることも、好条件の一つとなります。
このことから産地も重要であることが理解できます。
有効成分を抽出する方法には、いくつかの代表的な方法があります。
その後、粉末加工するために2つの方法(フリーズドライ、スプレードライ)があり、何れかの方法を採用するかについては、製造する製品に求めるスペックによって決定されます。
純度を高める事とコストのバランスを考慮しますが、製品の品質を左右する重要な工程となります。