馬・豚・魚どれがいいの?!効果を高めたいなら、馬プラセンタサプリを選ぶベき理由

馬・豚・魚どれがいいの?!効果を高めたいなら、馬プラセンタサプリを選ぶベき理由効果の高いサプリメントを購入したいならば、一番は厚生労働省もその効果を認めている医薬品である「ヒトプラセンタ」のサプリです。しかし、お値段が高いこと、さらに医師の処方箋が必須なことから、日常使いするには少しハードルが高いです。そこで注目されているのが、豊富な有効成分をもち、さらに安全品質で知られる「馬プラセンタサプリ」です。もちろん、市販購入可能です。アミノ酸の量は豚プラセンタの1.2倍、さらに胎盤の質が良く、成長因子などの栄養素をより濃く含んでいると言われています。魚や植物プラセンタも登場していますが、胎盤がないため、肝心の成長因子を含みません。こうした理由から、プラセンタサプリでは「馬」が最も人気&選ばれています。

疲れが取れない!「疲労回復」におすすめの馬プラセンタサプリ

プラセンタには、アミノ酸、ビタミン、ミネラル脂肪、酵素など、人体が必要とする栄養素ギュッと凝縮されています。摂取することで不足しがちな栄養素が補われて、疲労回復に役立つんですね。馬プラセンタで疲労回復を狙うならば、栄養の宝庫であるプラセンタの量・質のよさに拘り、さらに疲労回復成分をふんだんに含んだサプリがおススメです。

  1. ブルーミンプラセンタ300

    ブルーミンプラセンタ300

    馬プラセンタを300mgの高配合!アスタキサンチン、グルコサミンなど疲労回復に役立つ成分も配合しています。

  2. プラセンタファイン

    プラセンタファイン

    馬プラセンタ185mg配合。プラセンタの量は平均ですが、コエンザイムQ10、葉酸といった疲労回復に役立つ成分を配合。

  3. エイジスト

    エイジスト

    馬プラセンタ160mg配合。疲労回復成分、コンドロイチン配合。

お肌の調子が悪い…「美肌」におすすめの馬プラセンタサプリ

美肌効果を高めるには、お肌の保湿に関わる良質なアミノ酸の含有量をどの位含むか。お肌細胞を活性化させる成長因子の質と量が大切!美肌にアプローチするおすすめの馬プラセンタサプリはこちら!

  1. ブルーミンプラセンタ300

    ブルーミンプラセンタ300

    業界でも最高水準の馬プラセンタ300mg配合。抽出方法も適切で、質の良いアミノ酸と成長因子に期待できます。コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどの美肌成分もしっかり配合。

  2. パールプラセンタ

    パールプラセンタ

    馬プラセンタ185mg配合。プラセンタの量は平均ですが、コエンザイムQ10、葉酸といった疲労回復に役立つ成分を配合。

  3. エイジスト

    エイジスト

    プラセンタ160mgに、低分子化したコラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分を贅沢に配合しています。

イライラしがちを何とかしたい!「心の乱れ」におすすめの馬プラセンタサプリ

プラセンタには、ホルモン調整作用、自律神経調整効果、精神安定効果などがあると言われています。こうした作用は、プラセンタ独自の成長因子や栄養素によるものと考えられているので、心の平穏効果を求めるならば、プラセンタそのものの配合量と栄養素を逃さない抽出方法など、品質にこだわったサプリがおススメです。

  1. ブルーミンプラセンタ300

    ブルーミンプラセンタ300

    業界ではトップ!馬プラセンタ300mg配合。

  2. 母の滴プラセンタEX

    母の滴プラセンタEX

    体への吸収率を高めるべく、低分子化した馬プラセンタを200mg配合。

  3. サラブレッドプラセンタTp200

    サラブレッドプラセンタTp200

    馬プラセンタ200㎎配合。有効成分が流れにくい、酵素分解加圧法を採用。

目指すはエイジングレス!「アンチエイジング」におすすめの馬プラセンタサプリ

プラセンタに含まれる抗酸化成分が、老化の原因となる活性酸素を抑制。さらに、体の細胞を活性化する成長因子が相乗的にはたらき、全身のエイジング効果が見込めるとされています。プラセンタサプリにエイジングケアを求めるならば、成長因子や栄養素の質と量にこだわり、エイジングケアに役立つ成分を配合した品をチョイスしましょう。

  1. ブルーミンプラセンタ300

    ブルーミンプラセンタ300

    プラセンタの質、量、製造方法ともにトップクラスです。プロテオグリカン・サイタイエキスと言った注目のエイジングケア成分を配合。

  2. サラブレッドプラセンタTp200

    サラブレッドプラセンタTp200

    馬プラセンタの量は200mg。低分子化し、栄養素を失わない抽出方法を採用。微粒二酸化ケイ素を含まないカプセル製法で安心です。

  3. 母の滴プラセンタEX

    母の滴プラセンタEX

    馬プラセンタの量は200mgですが、低分子化し、さらに栄養素を失わない抽出方法を採用。品質では文句なしです。微粒二酸化ケイ素を含むので安全面が気になる方からは、少し残念という声も寄せられています。