豚プラセンタができるまでの流れ

豚プラセンタができるまでの流れ

豚プラセンタは、豚の出産後にその胎盤を、加水分解、酵素分解、ろ過、滅菌の段階を経て、プラセンタエキスが作られます。殺菌、微生物の数の管理、残留農薬の試験がされているかの安全管理も併せて行われます。

なかでもSPF豚のプラセンタは安全性が高い

豚プラセンタの中でも「SPF豚」は安心度が高いと言われています。その理由は、日本SPF豚協会が認定する特別な管理体制の農場で育てられた「特定の病原体や寄生虫を持たないクリーンなSPF豚」の胎盤を使ったものに限定されるからです。

原料になる胎盤が衛生的であると、プラセンタエキスにする際の減菌処理などの工程を一部カットすることができるので、豚プラセンタの有効成分が製造途中で破壊されることを防ぐことができます。

このことから、豚プラセンタの中でもSPF豚の胎盤を使ったプラセンタは安全性だけでなく、成分面から見ても優れているということがわかります。しかし、厳格な管理体制の下で飼育されている点などからも分かるように、一般的な豚プラセンタと比べると、SPF豚のプラセンタを使用した豚サプリメントなどはどうしても費用面が高くなってしまいます。

豚プラセンタが危険?と思われやすい理由

豚プラセンタが危険?と思われやすい理由

数あるプラセンタの中でも豚プラセンタが危険?という不安を抱かれやすい点はどこにあるのでしょうか。

それは、飼育環境にあります。豚の飼育は基本的に豚舎ですから、たくさんの豚が狭い場所でまとめて飼育されています。これに対し、馬や羊は広大な土地で伸び伸びと飼育されています

仮に、豚舎で1匹の豚が病気になるとしましょう。そうすると、狭い場所で飼育されていることもあり、瞬く間にそのほかの豚も病気に感染してしまいます。これは、小学校の教室で誰かひとりがインフルエンザに感染したら、クラスに一気に広まってしまう例を例えると分かりやすいかと思います。

そのようなことを引き起こさないように、ワクチンの投与をします。感染症を防ぐためには必要なことです。また、病気になった豚には抗生物質を投与されるのが一般的です。

それでも豚プラセンタが人気がある理由

豚プラセンタが人気がある理由は、その効果の高さです。豚プラセンタサプリを筆頭にあらゆる豚プラセンタを使った商品が人気があるのは、しっかりとした効果があるため。美容と健康のどちらにも効果がある成分はそう多くなく、これだけ幅広い効果があるものはそう多くありません。

豚プラセンタは安全?危険のまとめ

豚プラセンタは安全?危険のまとめ

豚プラセンタは馬や羊に比べるとどうしても病気の可能性が高くなる点は否定できません。ワクチンや薬剤の投与もあります。その中で、SPF豚のプラセンタであれば安全性も高く、プラセンタエキスにする際の減菌処理を一部カットすることもできるので、有効成分が破壊されにくく人気があります。