海外では人気の羊プラセンタ

海外では人気の羊プラセンタ

日本でよく見かけるプラセンタは、豚か馬のプラセンタです。これらのシェアが過半数を占めています。ですから、羊のプラセンタはあまり聞かれませんし、実際に手に取ったことがないという人が多いでしょう。

しかし、北米やヨーロッパでは羊のプラセンタが人気があり、一般的に流通しています。それは、羊のプラセンタが人間の体になじみやすいため。その理由は、羊と人間がアミノ酸の組成が似ているからなのです。

羊プラセンタが日本であまり見かけない理由

羊のプラセンタ、なんとなく良さそうな気がするのに、なぜ日本では見かけることがないのでしょうか。それは、かなり前に流行した狂牛病が原因です。狂牛病が流行してからは、牛のプラセンタも製造できなくなりました。
羊も牛と同様にスクレイピーという伝染病があり、この病気は狂牛病と似ていることから、羊のプラセンタも製造できなくなったのです。人間にはうつりませんが、万が一を考えて政府が決めた方針です。

羊プラセンタのメリット

羊プラセンタのメリットは、病気にかかりにくいという点にあります。病気にかかりにくいので薬剤の使用頻度が少なく、有効成分が破壊されにくいです。プラセンタとして素晴らしいものができるのです。

成分濃度が高いということは、それだけで摂取できるプラセンタ成分そのもののが多くなり、健康と美容に効果が高いことが言えます。

羊プラセンタを手に入れる方法

羊プラセンタを手に入れる方法

現在、日本では羊のプラセンタを製造することはできません。よって、手に入れるとすれば海外の商品ということになります。海外の製造基準で作られたものなので、不安が残る点は否めません。海外の羊プラセンタを使用した商品を日本の通販で購入するもしくは、ニュージーランドやスイスから個人輸入するという方法のいずれかになります。

海外の羊プラセンタも品質にこだわっているものもたくさんありますが、商品選びに関しては個人責任です。情報をしっかり得て、疑問点は解決して羊プラセンタを選びましょう。

羊プラセンタのまとめ

羊プラセンタは日本で製造はされていませんが、手に入れることは可能です。海外のものを手に入れることはできますが、安全性に関しては不安な面もあります。羊のプラセンタの成分そのものは、豚や馬のプラセンタ同様に良いということは分かっているので効果については問題ありません。