羊プラセンタについて

羊プラセンタについて

羊は、免疫力の高い動物だと言われています。日本で製造されている豚プラセンタと比べて、羊の方が免疫力は高いでしょう。

免疫力が高いということは、病気になりにくいということであり、ワクチンや薬剤を使う機会が少ないと言えます。病気になりにくく、ワクチンや薬剤の使用が少ないということは、羊プラセンタそのものの安全性が高いということが言えます。

羊プラセンタの成分内容

「ヒトに近いアミノ酸組成であり、ヒトの体への吸収率が高い」これが、羊プラセンタの特徴です。例えば、豚プラセンタはヒトの体への吸収は羊に比べると劣ります。

羊プラセンタに含まれる成分には成長因子もあります。これは、動物プラセンタだけに含まれる成分で、豚や馬のプラセンタにも含まれています。

羊プラセンタサプリはどうして日本で製造されないのか?

羊プラセンタサプリはどうして日本で製造されないのか?

日本でかなり前に流行した狂牛病(BSE)が原因とされています。ヒトにはうつりません。この狂牛病に似た病気が羊にもあり、スクレイピーと呼ばれます。

スクレイピーという病気は、狂牛病と同じように羊やヤギの神経系を冒す致死性の高い変性病です。この病気が原因で日本では製造できないようになっています。

羊プラセンタサプリの製造は禁止、輸入はOK

本来なら日本で製造されたサプリメントの方がなんとなく安心感はありますし、問い合わせもしやすいのですが、羊プラセンタサプリの製造が許可されていないので仕方ありません。

しかし、羊プラセンタサプリを輸入することは許可されているので、私たちは羊プラセンタを手にすることができるのです!

羊プラセンタの胎盤はどこの国のもの?

羊プラセンタサプリに使われている胎盤は、ニュージーランドやオーストラリアのものが多いです。これらの国では、羊の飼育に関して厳しく、羊の餌に関しても基準が厳しいのです。
羊プラセンタサプリは、いくつかの国で製造されていますから、安心できる国で飼育された羊の胎盤を使ったもので、安全基準の厳しい国で作られたものを選びようにしましょう。

羊プラセンタサプリのまとめ

羊プラセンタサプリは日本では製造されていませんが、購入することはできます。羊プラセンタサプリを選ぶ際には、どこの国で育った羊の胎盤が使われているかは把握しておきましょう。羊プラセンタは吸収されやすい成分なので、プラセンタそのものは効果が高いと言われています。