羊プラセンタについて

羊プラセンタについて

日本ではなじみが薄い羊プラセンタですが、諸外国では人気があるプラセンタです。日本では豚と馬のプラセンタが主に流通していますが、羊のプラセンタも少ないですが流通しています。とはいえ、日本では羊を使ったプラセンタは原則製造ができないのです。ですから、輸入で手に入れる方法を取るしかありません。

これは、厚生労働省が以前狂牛病の流行時、牛のプラセンタの製造を中止したことにさかのぼります。実は、羊はウシ科の動物なので製造ができないのです。また、羊にも狂牛病に似た伝染病が存在します。羊は免疫力が高いので、伝染病の可能性はそう高くはないのですが厚生労働省が決めた以上は仕方がありません。

現在、日本で羊のプラセンタを手に入れるには、海外からの輸入に頼るしかありません。それでも、インターネットを使えば手に入れることができる点は助かります。

羊プラセンタの成分

羊のプラセンタの成分は、成長因子、アミノ酸、ヒアルロン酸、コラーゲン、ミネラル、ビタミン、核酸などです。(商品によって異なります)一般的なプラセンタと同じような内容になっていますが、アミノ酸については特にヒトに近い組成という点で吸収率が高くなることが高評価を得ています。

羊プラセンタの効果

羊プラセンタは美容効果が高いとよく言われますが、アミノ酸の配合量が多いことと、ヒアルロン酸とコラーゲンが含まれていることでそう言われるのでしょう。肌のトラブル予防と改善、髪の毛に関する効果などが主ですが、若く見えるためには肌と髪が若々しいことが大切です。よって、アンチエイジング効果が高いと言えるでしょう。

健康効果は美容効果ほどよく聞かれませんが、それでも配合されている成分を見れば分かるように、疲労回復効果や女性特有の悩みを解決する効果など幅広い効果があります。

羊プラセンタ安全性

羊のプラセンタは現在、日本では製造することができません。海外のプラセンタを購入することになります。やはり、国内産でないと不安だという人には不向きなのかもしれません。

羊はウシ科であり、過去の狂牛病の件で日本で製造ができなくなりましたが、羊そのものは豚と比べても病気になりにくい動物です。また、アレルギーも起きにくいとされています。後は個人の責任で購入については判断するしかないという状況です。ただ、海外のものですと、何かあった際の責任の所在や対処法などが取りにくいということは言えるでしょう。

羊プラセンタ、豚や馬のプラセンタとの違い

羊のアミノ酸組成は人間のものと似ていることから、私たちの体に浸透しやすくなっています。非必須アミノ酸が11種類ありますが、その中の9種類が羊のプラセンタには配合されています。非必須アミノ酸とは十分なタンパク質を摂取していないと生成されないものも多いのです。しかし、体内では重要な役割を果たしているものが多いので、食事などで摂取を心がけたいものなのです。

必須アミノ酸に関しては、すべてのアミノ酸が配合されており、羊プラセンタのアミノ酸の配合量が多いことが分かります。

羊プラセンタのメリット

羊のプラセンタのメリットは、私たち人間に近いということからアレルギーが起きにくいという点にあります。やはり、はじめてプラセンタを使うというときは気になりますし、アレルギー体質の人は余計にそう思うでしょう。その点においては、豚や馬のプラセンタより優れているのかもしれません。

羊プラセンタはどこの国のもの?

羊プラセンタはどこの国のもの?

羊プラセンタは、スイスやニュージーランド産のものが多いようです。これらの国では、広大な敷地を利用して羊の飼育が行われています。ストレスの少ない環境で育つ羊の胎盤を使ったプラセンタは日本ではあまり見かけませんが、諸外国では人気があるようです。


羊プラセンタの上手な選び方

羊プラセンタの製造方法、どのようなことにこだわって作られているか、品質管理などをしっかり把握してからにしましょう。品質管理においては、日本より優れている国はないと言われます。海外のサプリメントを使うのですから、疑問点を残さないようにすることが大切です。

羊プラセンタの価格

羊プラセンタの価格は決して安価ではありません。プラセンタそのものがもともと安価ではありませんし、輸入というかたちを取る以上、私たちが支払う費用は実際の価格より何割増しかになっていると言えます。

羊しかない!と思っている人は別として、日本には豚や馬のプラセンタがあり、羊のプラセンタを購入する価格でさらに内容が充実しているプラセンタを手にすることができます。

羊プラセンタのまとめ

羊のプラセンタはヒトの体には合っていると思われますが、外国産の商品なので品質管理など気になる点がいくつかあります。羊のプラセンタの優れている点は美容に効果が高いという点ですが、日本で生産販売されているプラセンタでも優れた商品はいくつもありますので、さまざまな点を考慮してプラセンタサプリを選びましょう。