羊プラセンタの副作用はありません

羊プラセンタの副作用はありません

「羊プラセンタには副作用はありません。」そもそも、副作用という概念がないというのが正しい見解なのかもしれません。副作用というのは、医薬品に使う言葉だからです。


副作用というより体の変化・サプリメント

羊プラセンタサプリを始めてから、体の変化を感じるという人がいます。これまで摂取していなかったものを摂取するのですから、体に何らかの変化が起きるというのは不思議ではないしょう。

このようなことを「副作用」と呼ぶ人も中にはいるかもしれませんが、これはあくまで「体の変化」と捉える方が正しいでしょう。

生理の量が増えた・周期が変わった

羊プラセンタサプリをはじめて、生理の量が増えたとか周期が変わったという話を聞くことがあります。これは、羊プラセンタの効果の中にホルモンバランスを整える効果があるために起きることです。

生理の問題に関しては、数ヶ月で落ち着くと言われています。落ち着くと、羊プラセンタの効果であるPMSの改善、生理痛の緩和、生理不順の改善などの効果が出て来ます。

体重が増えた

羊プラセンタをはじめて、体重が増えたという人がいます。これについては、プラセンタによる体の変化ではないでしょう。ただ、間接的には関係していると言えます。というのは、プラセンタサプリをはじめると健康状態が良くなります。疲れにくくなり、アクティブに動けるようになります。その結果、食欲が増すということは考えられます。食欲が増せば、体重増加につながるのは無理もありません。

どちらかと言えば、プラセンタサプリをはじめることによって、痩せる人が多いのです。代謝はよくなりますし、血行もよくなる、便秘も解消できるので痩せます。ダイエット目的でプラセンタサプリを飲んでいるという人もいるくらいです。

おなかがゆるくなった

羊プラセンタをはじめて、おなかがゆるくなったという人がいます。これについては、プラセンタの効果の中に便秘が解消するというものがあるので、その影響でしょう。便秘傾向のある人は、便秘を解消できるのですが、もともと快便という人はおなかがゆるくなることもあります。

おなかがゆるくなるというのも程度によって変わって来ますが、だいたいは落ち着いて来ます。気になるようでしたら、プラセンタサプリの量を減らしてみるなどの対応策を取ってみてはいかがでしょうか。

羊プラセンタクリーム

肌への浸透力があり、肌への効果も高いことから人気があります。敏感肌の人や不安がある人は使いはじめる前に目立たない場所にパッチテストを行うと安心できます。

アレルギーや持病のある人は医師に相談を

アレルギーや持病のある人は医師に相談を

アレルギーや持病のある人、継続して飲んでいる薬がある人は、羊プラセンタサプリをはじめるときには、医師に相談してからの方が良さそうです。

プラセンタサプリを飲んでいるときに、普段飲まない市販薬を飲むという場合は薬剤師に相談してみてもいいでしょう。

プラセンタサプリはサプリメントということで健康食品になります。薬ではないのですが、ほかの動物のプラセンタを使用したサプリメントによって、元々持っているアレルギーの症状が出てしまったという報告があるようです。羊プラセンタも動物の種類は違いますが、同じプラセンタですから、アレルギー持ちの人は頭の片隅に入れておくと良さそうです。

羊プラセンタには基本的には副作用はありません。しかし、プラセンタサプリをはじめることによって、最初のうちは体の変化が起きることはあります。これらはしばらくすると落ち着くものです。

持病のある人、継続して飲んでいる薬がある人は医師に相談しましょう。

肌に直接つけるクリームなどは、敏感肌の人はもちろんですが、最初は目立たない場所にパッチテストを行ってみるといいでしょう。羊プラセンタクリームは基本的には肌への浸透力がよく、効果が出やすいクリームとして人気があります。