プラセンタ スノーデン社について

プラセンタ スノーデン社について

スノーデン社は、東京に本社を置く日本の会社です。埼玉県に2つの工場を有する会社であり、創業は昭和48年と歴史のある会社です。

プラセンタ関連の医薬品、化粧品、健康食品を製造している会社で、厚生労働省からプラセンタエキスを医薬品にすることを認められた数少ないメーカーのひとつです。いわゆる、国から認められたメーカーだということです。ですから、スノーデン社のプラセンタは安心して利用できると言えるでしょう。

製造しているプラセンタ

  • 豚プラセンタ~日本国内産、スペイン産
  • 馬プラセンタ~ニュージーランド産

動物において、十分な健康管理・衛生管理体制を取っている農場からのプラセンタのみを収集しています。収集したプラセンタを防疫体制、検査体制両方厳しく行っているので品質・安全性は保たれています。抽出についても、不活化工程を行っており、感染症の心配はなく、品質や安全性が確保されています。

※不活化工程とは
血液由来の病原体などによる感染を防止するために、製造工程中にウイルス除去と同時に行われる工程です。

スノーデン社のプラセンタを利用して研究発表、学会発表も行われていることから、研究者目線でもスノーデン社のプラセンタは注目される素材なのです。

発売されているプラセンタ商品も数多く、特に健康食品に分類されるサプリメントに関してはいくつかの種類があります。お値段も張りますが、安心できるメーカーの商品なので人気があるようです。

スノーデン社プラセンタエキス

スノーデン社プラセンタエキス

最近のプラセンタブームにより、「スノーデン社プラセンタエキス使用」と言うサプリメントなどを見かけることが多くなって来ました。これは、スノーデン社が製造したプラセンタエキスを使用してサプリメントを作っているということです。いわゆる、厚生労働省から認められたプラセンタエキス製造メーカーのエキスを使用したサプリメントだということです。

最近のプラセンタにまつわる問題

プラセンタなので誰でも自由に購入できるという手軽さがある一方で、実際のところは粗悪品も出回っていると聞きます。豚や馬のプラセンタを使用していながら、詳細は不明だというサプリメントは使わないようにしましょう。値段だけを見て、安さに飛びつかないようにしましょう。

プラセンタとスノーデン社のまとめ

プラセンタに関るスノーデン社についてさまざまなことが分かりました。日本国内の会社であり、歴史も深く、厚生労働省から認めれているということ。数少ない医薬品プラセンタの製造を認められた会社だということです。

厚生労働省から認められたということは、それだけ厳重な管理体制、生産体制でプラセンタエキスが作られているということ。こちらのプラセンタエキスを使用しているサプリメントなら安心してはじめられそうです。