プラセンタとは?その利用方法など

プラセンタとは、胎児を育てるために子宮に作られる胎盤から抽出した成長エキスのことです。
ここには胎児の成長に関わる重要な栄養素が含まれており、体を作るタンパク質、脂肪、糖質の他、細胞を活性化させるためのビタミンや各種酵素など豊富です。
これら抽出成分を利用することで、若返りなどの美容効果に加え、健康増進に寄与する効果が期待できます。
主に動物性プラセンタが対象であり、豚、馬などの哺乳動物の胎盤から抽出した有効成分が、サプリメントやプラセンタ注射などの美容系の施術に利用されています。
さらに植物性プラセンタがありますが、動物性との大きな違いは成長因子が含まれていない点です。
胎座と呼ばれる個所から抽出した栄養成分のことを指します。
馬、豚由来と表記されていない化粧品などには、植物性プラセンタが配合されているケースがあります。

プラセンタを摂取することのメリットとは?

プラセンタを摂取することのメリットとは?

胎盤には、胎児を成長させるために必須の有効成分が含まれています。
その抽出エキスであるプラセンタには、体の成長に不可欠なアミノ酸や成長因子が豊富にあり、摂取することで様々な効能を期待することができます。
主に抗酸化作用による若返り効果、ホルモンバランスを整えることで免疫力がアップする効果などが注目されますが、これ以外にもビタミン、糖質成分による造血作用、疲労回復、自律神経の調整や更年期障害の軽減など、複合的な体質改善効果が得られるのが特徴です。
また、肌の艶や張りの回復、発毛、育毛効果などの美容効果も期待できます。
尚、植物性の製品では、胎盤からの成長因子が含まれていませんので、上記のような複合的な改善効果が見られるのは、馬、豚由来の製品に限られます。
特に馬の場合、サラブレッドは、体質が良く抽出したプラセンタの品質も良いとされ人気があります。

馬プラセンタと豚との違いは?

馬プラセンタと豚との違いは?

一般にプラセンタが配合されている製品は、馬もしくは豚が由来となっています。
市場で流通している関連製品が、馬と豚に限定されているのは、狂牛病などへの対策を考慮した結果、厚労省の通達により牛や羊といった反芻動物の胎盤を使用しない事となっているからです。
馬由来の製品がブタ由来の製品に比べ品質が高めで効果があると言われています。
馬は豚に比べて体温が高めであるために、寄生虫による病気になりにくい等の理由から、薬による影響を受ける機会が少ないと考えられます。
馬の中でも特に注目されているサラブレッドは、厳密な血統管理と健康管理によって飼育されていますので、良好な健康状態が維持されています。
サラブレッドから抽出した馬プラセンタは特に品質が高いため注目されています。
豚由来の製品比べて、馬由来の製品はアミノ酸の配合量が多く、美容や健康増資に寄与するものと期待できます。

高品質の馬プラセンタサプリを選ぼう

高品質の馬プラセンタサプリを選ぼう

馬プラセンタサプリは評判が良いからといって、入手可能な製品が全て品質の良いものとは限りませんので注意が必要です。
サプリの販売には、特別の免許が必要であるわけではなく、粗悪品も少なからずあるからです。
有効成分の配合量が極端に少なく、良好な効果が期待出来ない製品もありますので、製品選びのポイントを見ていきましょう。
ネットや雑誌から参照することができる口コミや体験談を参考にすることができます。
安全性はどうか?効果は実感できているのか等に着目していくと良いでしょう。
但し、鵜呑みにするのではなく、自分なりに客観的な判断ができるように努力してくことが大切です。
見るポイントは、1日分に含まれているプラセンタの含有量です。
およそ100mgが目安となりますので、これを超えているか確認していきましょう。
初回割引などの購入特典があると、さらにお得です。
万一の時のために、返金保証の条件もチェックしておきましょう。

馬プラセンタを賢く利用しましょう

このように、綺麗になりたい、いつまでも健康でいたいと望む方のために、馬プラセンタが配合されているサプリの利用をお勧めします。
プラセンタによるアンチエイジング効果により、スベスベの肌を手に入れたり、健康増進したり、免疫力アップなど様々な効果を期待することができます。
ホルモンバランスを調節する効果もありますので、自律神経の調整や更年期障害の軽減にも利用できるのが特徴です。
特にサラブレッドの胎盤から抽出した有効成分は、豚由来の製品と比べて、アミノ酸が豊富であり品質が高いことが特徴です。
馬プラセンタを上手に利用することで、快適な日々を送れるようになります。
粗悪品を掴まないためにも、賢い製品選びのポイントを知っておくことが大切です。
有効成分の配合量をしっかりチェックすること、及び口コミや体験談を参考にすることも併せて行なうと良いでしょう。